WOW 湾岸の羊

WOW! 湾岸の羊

(English text follows below)

ああ! 名は体を表すの言葉通り。

目黒鹿鳴館でのイベント名は「ELECTRIC CRAZY~動乱」
その名の通りエレクトリックでギラギラの熱い一夜でした。
バンドは全てを出し切り、観客も大盛り上がり。

この夜出演した3バンドは全てキラ星のメンバーを擁するバンド。
演奏レベル、音楽クオリティが高かったのも不思議はなかったと言えるかも。
トップバッターはThe Pink Spider Webが昨年の春から追いかけている湾岸の羊。
良い演奏を聴かせてくれました。
凄すぎて開いた口がふさがらないとか、うおお!となるようなバンドではないかもしれないけれど
良いバンドです。

今年に入ってからは何かの魔法がかかったかのように進化を見せている彼ら。
サウンドはタイトになり、より熱のこもった演奏と自信とがみなぎって燃えています。
人の目を引きつける何か、カリスマ性、プロらしさ、彼らにはロックの全てがある。
日本が誇る生で本物のアーバン・クロスオーバーロックです。

ヴォーカリストのHIRØがPSWに語ったところによれば
湾岸には「ギリギリの人生」の意味がこめられているとのこと。
最近はスリル感も兼ね備えてきた彼ら。
このまま行っちゃって!! 

とにかく映像を見てみてください。
そしてこれを聴きながらじっとカメラを持っていないといけなかった状況を想像してみて。

次回のブログはさらにこの目黒鹿鳴館での電気ビリビリでカオスで激アツのイベントの内容を追加からお送りします。

WOW! 湾岸の羊 Wangan Sheep

There is no better expression…

The title of the gig evening at 目黒鹿鳴館 (Meguro Rockmaykan) was
ELECTRIC CRAZY~動乱
and
it certainly was an Electric Radiant Passionate evening.

The bands gave it all and the audience loved it!
The 3 bands this night all have stellar members,
so maybe it was to no surprise that the level of music quality this evening was very very high.

First out was 湾岸の羊 [Wangan Sheep]
The Pink Spider Web has followed them since last spring and they were good then…
Maybe not a band that made one’s jaw drop, or burst out in a “WOW!”
but yes they were good!

This year something magical has happened….they are evolving….
They sound tighter, more enthusiastic, confident and they are on fire.
Demanding attention… charismatically…professionally….
they have it!
湾岸の羊 ROCK…. Raw Real urban crossover rock from Japan!

As HIRØ the vocalist told PSW… 湾岸 Wangan (literally the bay or gulf)
means ‘to live on the edge’….
And I must say they now are as capturing as a thriller.

WAY TO GO GUYS!!

Just watch this video… and imagine yourself trying to hold that camera somewhat stable while listening to them….

In the next blog post coming after this one there will be more from this
ELECTRIC CHAOTIC PASSIONATE night at 目黒鹿鳴館

One voice about the video……

ここまでの意見を言わせてください。
彼らは前と比べて格段に良くなっています。今はもっと自信を持っているように見えますし、彼ら自身のスタイルが確立されているようにも見えます。彼らは本物ですね。
ラップもよいと思います。ギタリストが突然ボーカルを始める時など、私の中で高得点がついた箇所が多々ありました。
彼らのプレゼンテーションもすばらしいし、映像・編集共にとてもよい仕上がりです。

彼らの魅力は、彼らの声とスタイルのコントラストがあってこそだと思います。
また、他のバンドの真似をするとかではなく、彼らなりのスタイルのクロスオーバーミックスがあることも、強みになってくると思います。

Ok the Wangan Sheep Video verdict –
Yes they are way better than before, they actually seem like they can do it now,
and it seems like they have a style of their own.
They feel genuine!
I really don’t like rap, but he is doing it well.
There are several really high points for me when the guitarist suddenly starts doing vocals…
Their general presentation is great and the filming and editing are fantastic!

Links:

湾岸の羊 Wangan Sheep

Facebook:
https://www.facebook.com/WanganSheep

twitter:

https://twitter.com/Wangan_Sheep

Members’ twitter:

Reds☆ Gu. https://twitter.com/pandamarket

HIRØ Vo. no twitter

CHARGEEEEEE… Dr. https://twitter.com/CHARGEEEEEE

Ryo-ta Ba. https://twitter.com/RYOTA666jp

The Pink Spider Web on Facebook

https://www.facebook.com/ThePinkSpiderWeb